流木本体や流木を使ったインテリアの通販ページ

MENU
ショッピングカート
TOP > コラム・海岸物語 > やろうよDIY!
【Let’s do it!Driftwood】
記事のタイトル背景画像

やろうよDIY!
【Let’s do it!Driftwood】

【流木アクアリウムを楽しもう編】

「アクアリウム」と言うと大きな水槽に魚が優雅に泳ぐ、自然の生態を表現したものと言う印象が強いかもしれません。でもこのサイトで紹介する流木アクアリウムは一味違います。

大自然を表現することはもちろんですが、そればかりが目的ではなく、部屋の雰囲気や好みに応じて、いつもの暮らしの潤いとして自由な発想で創作します。それはまるで小さな生命が息づく、美しい宝箱。

使用する水槽などは、ビルの玄関やマンションのエントランスなどにある立派な水槽ではありません。もっとコンパクトなもの。テーブルや棚に置けるものでも十分です。                 ときにはグラスを水槽として利用することもあります。 

流木アクアリウムと言う言葉にどのようなイメージをお持ちでしょうか。魚や水草などの水に生息する生き物を飼育する水槽の事。魚を見て楽しむと言う事は何となくわかっていても、実際にどのようなものかは見たことが無いと言う方が多く、大きな魚が悠々と泳ぐ水槽が必要な、お金持ちのための娯楽。生き物が好きな人が楽しむマニアックな趣味とか、自分とは縁のない世界のように考えている方も少ないようです。

でもそんな難しく考える事なんてないんです。

水槽は小さなコンパクトのモノでかまいませんし、始めるのに専門的な知識などいりません。もし熱帯魚などを入れるのに抵抗があるなら、熱帯魚などは入れなくてもいいと思います。

部屋の片隅に自分好みに応じた容器に「きれい!」「すてき!」と思うようなアイテムを入れて、透明感あふれる水の世界を作る。

そのようなアクアリウムもあっていいと思います。気軽に誰でも楽しめる水槽の世界が始まります。さああなたも自分だけのアクアの世界を作りませんか。

例えば綺麗な海に行ったとき、水着などが無くても、思わず海の中をのぞき込んだりしたことはありませんか。

あるいは、シュノーケリングや、マリンダイビングなどでのあの別世界の状況が目に焼き付いたことがある方は当然お分かりだと思いますが、海の中の世界はとても神秘的で誰にでも興味やあこがれがありますね。

アクアリウムの世界ってその魅力は神秘的な宇宙である海を自由に再現と表現できていつでもその中で一緒に暮らせることができるんです。

Let’s do it

容器はなんでもかまいません。プラスチックの入れ物はもちろん、水が漏れない容器があれば、それを見つめて自分のイメージで世界を作りましょう。

ようこそ神秘の海へ