流木本体や流木を使ったインテリアの通販ページ

MENU
ショッピングカート
TOP > Q&A >
アパレルはどれだけ顧客の滞在時間を多くするかが問題でした
お客様の声
アパレルはどれだけ顧客の滞在時間を多くするかが問題でした
アパレル関係の店舗を持っていますが、雑貨やインテリアショップ同様、顧客の滞在時間をどれだけ長くするかが一番の戦略となっています。

お客様が店に入っても、店内を見渡してそのまま出て行ってしまうことがほとんどで、何かお客様の目に留まる何かが欲しいと考えていました。

湘南かまくらスタイルさんのホームページに出会い、派手さは無いもののちょっとしたスペースにも置けて、何か癒しを感じることができる流木アートが問題を唯一解決に導けるものだと確信しました。

早速流木アートを導入に関し、いろいろなアドバイスをいただき、設置をしました。

自分なりに考えたアイデアもありましたが、湘南かまくらスタイルのスタッフの方の斬新なアイデアや想像力にはさすがと感心するほかなかったです。

店内の商談スペースに、パンフレットやいろいろな商品の説明などができる流木アートのテーブルを作り、お客様に少し立ち止まっていただくことのできる空間ができました。

見込み客とのコミニュケーションも取れるようになり、結果としてこれほどまでのマイナーチェンジが高価な予算をかけることなく完成しました。

さらに定期的に流木アートに変化を加えて、リピーターのお客様も増え、メールマガジンを購読されるお客様もどんどん増え続けて行ってます。

湘南かまくらスタイルさんのちょっとしたアイデアが、ここまで大きな財産となるとは考えてもいませんでした。

(原宿レディスブティック 白金台店 マネージャー S・C 様)

жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж


【スタッフコメント】

お客様の滞在時間を大切にしなくてはならないとのご依頼で、まずはお店の正面に人気商品を置き、利用者の行動パターンを予測しその動線で決して目立たないように、緑の流木アートをそれとなく設置しました。
それによりお店自体が予想通りに騒がしさがなくなり、空気が変わったのを憶えております。
お役に立てて大変光栄です。益々のご発展をお祈りいたします。


<br>アパレルはどれだけ顧客の滞在時間を多くするかが問題でした画像
一覧に戻る